Vol.4:競技特性分析
競技特性分析とは,各スポーツおよび各ポジションにおける動きとそのスポーツならびにポジションに必要とされるフィットネス能力を分析することであるといえます.
具体的には,バイオメカニクス的および生理(生化)学的にそれらを分析するという過程が必要になります.

バイオメカニクス的分析は,該当となるスポーツ特有の動きやフィットネス能力(パワー,スピード,筋力など)を向上させるためのトレーニング方法(種類・フォーム・機材など)を決定する上で重要な行為であるといえます.また,該当となるスポーツ特有の身体への負担(物理学的ストレス)を浮き彫りにし,そのスポーツ特有の傷害を未然に防ぐという観点からも非常に重要であると考えられます.
具体的には,ビデオカメラによるフォームの撮影ならびに動作分析,フォースプレートなどを用いた力学的な分析が必要となります.

生理(生化)学的分析は,該当となるスポーツに必要とされるフィットネス能力(パワー,スピード,筋力,持久力,柔軟性など)を向上させるトレーニング方法(種類・頻度・時間など)を決定する上で重要な行為であるといえます.
具体的には,レースやゲーム前後における採血・採尿によるさまざまなパラメータ(項目)の生化学的分析,レースやゲーム中における心拍数の測定による運動強度の分析,それらを融合した生理学的分析などが必要となります.

このように競技特性分析は,該当となるスポーツの特異性を明らかにし,それに基づく身体能力を向上させる最適なトレーニングを決定する上で非常に重要であるといえます.

戻る>>
TOP>>

Sports Leaders net
Presented by TOTAL-Conditioning Lab.