Vol.3:プランニングを行なう上で必要なスキル
プランニングの過程では「競技特性分析」と「モニタリング」が必要ですが,それぞれを行なう上では身体に関する深い知識が必要になります.
具体的には,生理学,心理学,バイオメカニクス,スポーツ医学などの理解が必要となります.しかしながら,全ての分野に関する深い知識を身に付けることは非常に困難だと考えられます.
必要に応じて,それぞれの分野における専門的な知識を身に付けた複数人のスタッフを編成することも重要です.この場合,それぞれのスタッフを統括しコーディネート,マネジメントしていく能力が必要となります.
しかし,スポーツ指導者は全ての分野における基礎的な知識については必要最低限身に付ける必要があるといえるでしょう.
また,分析結果やモニタリングデータを体系付けながら整理する能力も必要になります.

以上のことから,スポーツ指導者は,生理学,心理学,バイオメカニクス,スポーツ医学などの身体に関する基礎的な知識を身に付けるとともに,データを体系的に整理する能力,ならびに複数のスタッフをマネジメントする能力を有する必要があるといえます.

戻る>>
TOP>>

Sports Leaders net
Presented by TOTAL-Conditioning Lab.