E



生涯現役トライアスリートを目指すGUCCIの必殺トレーニング!
Bike >>>>>>>>
VOL.1:エアロバイク1・・・「私はこれだけです!」宮古島バイクラップ50位が語る必殺トレーニング.

「基本的に外で自転車に乗る時間がない!」「週末は自転車トレーニング!といいつつも他の種目のトレーニングもした方が良いのかな?でもそんなに時間はないし…」「週末は家族サービスで,自転車どころではない!」というお悩みを抱えるトライスリートは多いのではないでしょうか?

そんな時にお勧めなのが,ローラー台やエアロバイクです!

特にお勧めなのがエアロバイク.「エアロバイクはポジションも違うし自転車のトレーニングにならないのでは?」とお考えの方もいらっしゃるかと思いますが,そう思うことこそが,エアロバイクによるトレーニングを意味ないものにしてしまっているのです.

エアロバイクだって考え方やトレーニングの仕方によっては,立派な自転車トレーニングになるのです.

では具体的なトレーニング方法について,以下に説明いたします.


[エアロバイクによる自転車トレーニングを実施する上での注意点]

エアロバイクでは自転車トレーニングにならないとは思わないこと.

出来るだけ,ペダル回転数を上げてトレーニングすること.でも公共のエアロバイクの場合は,あまりエアロバイクに負担をかけないように配慮して下さい.1分間に80回転〜90回転を一つの目安にしましょう.

水分補給には注意すること.出来れば,ボトルなどを持参すること.

結構汗をかくので,トレーニング終了後エアロバイクについた汗を拭き取ること.


トレーニング方法(例)
ペースワーキング>>

一定のペダル回転数を保ちながら一定時間トレーニングします.

回転数は基本的には自由設定としますが,1分あたり80回転〜90回転を目安にして下さい.
もちろん,90回転以上でもOKですが,公共のエアロバイクですからあまり負担をかけないように….90回転くらいがベストではないかと….

トレーニング時間は1時間がベストですが,30分でも45分でも構いません.

強度(負荷)は自由設定とします.可能ならば,一定の心拍数を保ちながらトレーニングを行なうようにしますが,特にこだわる必要はありません.
決して,無理をしないようにして下さい.
常に自分の身体と対話し調子が悪ければ,強度(負荷)を落しましょう.

基本は設定したトレーニング時間内で気持ち良くトレーニング出来る強度を設定することです.




GUCCI
パーソナルトレーナー,パーソナルコーチ,コンディショニングコーチとして
持久系アスリートに対するサポートを中心に活動中!
1999年東京都トライアスロン選手権第10位

TOP >>>>>>




あなたの豊かなスポーツライフを創造します!




Produced by athlete-web.com